MENU

エイジングケアにセラミドがいいって言われる理由ってなぜ?

エイジングケアとセラミド

エイジングケアにセラミドが欠かせない理由は、非常に保湿効果が高いためです。

 

セラミドとは、細胞間脂質を構成する中心的な成分で、細胞と細胞の隙間を水分と油分で結合しています。セラミドが十分に備わっていれば、肌のキメや弾力も維持されるため、小じわやたるみなどの老化現象を防ぐことができます

 

しかしセラミドの量は年齢とともに減少するので、紫外線や乾燥した空気といった肌へのダメージを最小限に抑えるには、化粧品などからこまめに補給する必要があります。

 

エイジングケアとセラミド

セラミドにもいくつかの種類があり、敏感肌の人がエイジングケアを行う時は、人間の皮膚と同じような構造であるヒト型セラミドを配合した化粧品を使うのが肌に優しいです。

 

食べ物ではこんにゃくにたくさん含まれています。他にもサプリメントから摂取する方法がありますが、セラミドは肌表面に近い場所に存在するので、化粧水やクリームなどで外部から直接塗布した方が、肌への浸透力が高くなって効果を早く実感しやすいです。

 

蒸発しにくいので、スキンケアを定期的に行っていれば不足する心配もありません。よってエイジングケアでは化粧品を中心として、食事やサプリメントで補うのが一番効率が良いです。